スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2015の投稿を表示しています

自宅録画サーバ

コンセプト省スペースそこそこ低予算大容量のストレージを搭載可能(1および2を満たすため録画PCとNASを別に用意したりするような構成にしない)
スペックOS: Xubuntu 14.04安い、軽量、Windowsよりは慣れてる/Intel QSVみたいなハードウェアの機能を利用する点ではWindowsの方が向いてるというデメリットもChassis: fractal design NODE 304対応フォームファクタがMini ITXの省スペースケースだが3.5/2.5インチシャドウベイが6つあり、かつ5インチベイが省かれているのも録画サーバー向けとしては利点PSU: Seasonic SSR-450RMHDDをたくさん積むとはいえ他が省電力なため450Wは用途的にちょっと大きすぎるかもだけど……5年保証とブランド的信頼を元に選択CPU+Motherboard: ASRock Q1900-ITXMini-ITXでSATAポートを多く搭載しているマザーは多くない。これもSATA2x2とSATA3x2で合計4ポートだが、後述するがmini PCIeスロットでさらに拡張できることが分かったのでこれにした。Memory: hynix社製DDR3-1066MHz SO-DIMM x2昔の白MacBookに搭載されていたものを流用。これで問題なく動作したのでコストを圧縮できたTuner: Earthsoft PT3 rev.A定番。Linux環境で動作させるドライバやノウハウも蓄積していて安心できる。チューナー数も地上波2chとBS/CS 2chあれば、個人的には十分--今まではどちらも込みで最大1番組しか録画できなかったExtension: PM1061mini PCIeスロット接続のSATA3 2ポート増設カード。こうした商品で現在も手に入るものは割と希少のようだが、amazonで買えたのでゲット。これでマザーボードのものと合わせてSATAポートは合計6個--うち2つがSATA2だが--になり、ケースに搭載可能なストレージをすべて接続できる。Storage: SanDisk社製 120GB SSD, etc.SSDを起動ドライブに。他は3TBあたりの容量単価が安いHDDを搭載しRAID化の予定(実はこの辺悩み中……。)IC Card Reader: CLOUD2700-NTT…